2017年12月8日金曜日

環境試験室のストレス、ノードアαで解決できるかも!?


こんにちは。
もうすぐ入社4年目に突入します、関東営業課 川勝です。
今年の10月にから営業に異動となり、大きな環境の
変化に日々奮闘中。

外は寒く内は暖かいので、急な温度変化も体に響きます。
外の環境は季節により変動するので変えようが
ありませんが、内の環境は限られた空間を作れば
希望の温湿度を作り出すことはできます。
それは、庫内の温度を安定させる恒温槽や、
部屋の温湿度を制御して過酷環境を作り出環境試験室
だったりします。

そこで本日は、改めて弊社のオススメ製品をご紹介したい
と思います。

現在、環境試験室をご使用中、導入をご検討中の皆様。
以下のような環境試験室を夢見たことはないでしょうか?
 
「身体への温湿度ストレス改善」
「予算半減で、新設・更新が容易」
「現地工事なしで移設も自由自在」
 
そんなことができるのは・・!?

見た目は恒温恒湿槽ですが、ドアがありません。

その名も、ノードアα

こう見ると、非常に省スペース
環境試験室が欲しいけど、コストはかかるし、
設置スペースもない、現地工事なしですぐに導入したい
という方にはぴったりです。

試験体も作業者も過酷環境下にあったのが、
試験体のみ過酷環境下に置き、作業者は快適に作業
できます。

さらにドアレスで、
ドア開閉による槽内の温湿度変化、試験体や槽自身の
結露・着霜の問題もありません。

温湿度制御中、試験体をはっきり観察でき、直に触ること
ができます。

気になるのは、「どのような用途で使用されているのか?」ですよね。
詳しくは、クリックしてみて下さい!!
http://www.amefrec.co.jp/info/201704afctopics.html#5

動画も分かりやすいですよ!!540です。

※注意 動画には音声があります。スピーカーの音量にはお気をつけください。


用途はあくまで一例です。
★近日公開★
用途の実例を拡充して発信して参りますので、乞う御期待!

ちなみにネットで調べる時は
“ノードア”、“ドアレス”で検索すれば、
思ったより沢山でてきますよー!検索検索。

ノードアαには小さいタイプと大きいタイプがありますが、
大きいタイプは私より17cm高い、179cm

姿、身長をさらけ出して、心のドアもフルオープン

・・・ドアがないと、手を入れて見たくなりませんか?



おっと、見覚えのある光景・・・

2014年にさかのぼると・・・同じことをやっていますね。
http://afc-seizo.blogspot.jp/2014/07/blog-post_18.html

ノードアαシリーズは1999年に納品を開始して、
今年で18年目

これまで数多くのノードアαが弊社工場から旅立ち、
国内外問わず様々な用途で活躍中です。

まだまだ可能性を秘めているノードアα、ぜひ御社で新たな使い方を開拓しませんか。

関東工場へ試験体をご持参いただき、開発・評価のデモンストレーションもできます!

ちなみに、展示会でノードアαの実機が登場しますので、ぜひお越しください!

★展示会★
「第10回オートモーティブワールド」
(第10回国際カーエレクトロニクス技術展)
日時:2018117日(水)~19日(金)10:0018:00
会場:東京ビッグサイト 東5ホール 小間番号:E47-14
URL:http://www.automotiveworld.jp/home/

皆様にお会いできる日を楽しみにしております。
ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください!!

製造本部 関東営業課 TEL:048-423-1800

0 件のコメント:

コメントを投稿